自然葬を執り行うにあたって気をつけるべきこととは

すべての人間は大自然の中から生まれ、そして亡くなるとまた再び大自然へと還っていくという考え方があります。
この死生観は古来から人間の中で受け継がれてきたもので、今でも欧米をはじめ世界の様々な国々において人々の信仰を集めていますが、もちろんこのような価値観に基づくと、人が亡くなるとその遺骨や遺灰は自然へと還すという発想が当たり前となります。


そこから生じるのが自然葬という考え方で、日本でもかねてよりこの手法での埋葬を希望する人、あるいは遺族が増えてきています。

ただし、ここで重要となるのが、その埋葬場所についです。

たとえば山や河、海などと漠然と埋葬場所を決めたとしても、いざ散骨するとなると私有地ならばその土地の所有者の許諾が必要ですし、また海や河に勝手に撒くと自然を汚してしまうことにも繋がりかねません。その場所から魚介物を捕獲している人たちからすると、勝手に遺灰や遺骨を撒かれるとそういう噂が一人歩きをはじめ、いつしか市場での買い手が付かなくなる可能性もあります。
それゆえに自然葬にて重要なのはその埋葬場所なのです。
まずはどこの場所であれば問題なく散骨できるかをしっかりと見極めた上で実施しなければなりません。できれば自分たちの独断で判断するのではなく、きちんと自然葬に関して詳しい葬儀会社を通して全ての過程を取り決めていくことが大切です。
多くの葬儀社ではそのノウハウや散骨場所の候補を持っていますので、近い場所であり、なおかつ希望通りの自然へと故人を還すための大きな手助けとなってくれることでしょう。



葬儀 西宮に関する情報を提供中です。

口コミ評判の高い四日市 葬儀 事前見積りに関する情報満載のサイトです。

桑名 家族葬に関する情報の一覧です。

三重 葬儀情報サイトの利用価値をご存知ですか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1343994198

https://matome.naver.jp/odai/2147797086526346801

https://allabout.co.jp/gm/gt/2659/

関連リンク

  • 近年注目を集め始めた自然葬ですが、どういったものなのかよくわからないといった方も多いでしょう。自然葬とは、今まで日本で行われていた、墓石を建立し、そこに遺骨を納める葬送とは異なり、遺骨を直接自然に還す方法や、墓標として人工物を用いない方法を指します。...

  • 最近の日本での葬儀の中で、自然葬という方法が増えてきました。自然葬とは、この世で役目を終えた肉体を自然の循環の中に還すというもので、土葬や水葬、鳥葬などがありますが、現代日本では火葬にした煙が肉体を自然に還すと考えるのが良いでしょう。...