多種多様な自然葬の種類とメリット

近年注目を集め始めた自然葬ですが、どういったものなのかよくわからないといった方も多いでしょう。


自然葬とは、今まで日本で行われていた、墓石を建立し、そこに遺骨を納める葬送とは異なり、遺骨を直接自然に還す方法や、墓標として人工物を用いない方法を指します。

今回はその葬送の種類と、メリットを紹介します。自然葬には、いくつかの種類があります。

日本で一般的に行われているのは、散骨と樹木葬です。
散骨とは、パウダー状に砕いた遺骨や遺灰を海や山に撒く方法です。
樹木葬は、墓地として許可を得た土地で遺骨を直接埋葬し、そこに墓標の代わりに植樹をする方法です。また、そのほかにも最近では、遺骨の一部を専用のカプセルに入れて、衛星ロケットで宇宙に運び、地球の軌道上を回った後に大気圏に突入して流れ星のように消滅する宇宙葬などさまざまな種類があります。自然葬のメリットは、いくつかありますが、まず一つ目は、故人の生前の希望を叶えることができることです。


現在では、葬送に対する考え方も多種多様になり、中には「お墓には入らず、最後は自然に還りたい」と考える人も増えてきました。

そのような故人の遺志を叶えることができます。また、二つ目のメリットとして、お墓の後継者問題がなくなることです。


近年の少子高齢化で子供がおらず、お墓を継ぐ人がいない家庭も増えてきました。

自然葬では、お墓を用意する必要がないので、お墓の心配をする必要がありません。







三重 家族葬の総合案内サイトです。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1345869808

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7618589.html

http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0928/99937.html

関連リンク

  • 近年注目を集め始めた自然葬ですが、どういったものなのかよくわからないといった方も多いでしょう。自然葬とは、今まで日本で行われていた、墓石を建立し、そこに遺骨を納める葬送とは異なり、遺骨を直接自然に還す方法や、墓標として人工物を用いない方法を指します。...

  • 最近の日本での葬儀の中で、自然葬という方法が増えてきました。自然葬とは、この世で役目を終えた肉体を自然の循環の中に還すというもので、土葬や水葬、鳥葬などがありますが、現代日本では火葬にした煙が肉体を自然に還すと考えるのが良いでしょう。...